具体的にブルーベリーを摂取するとどんな効果がある?

眼精疲労に良いとされるブルーベリーですが、どのような効果があるのかご存知ですか?

皮や果実に含まれる『アントシアニン』という成分は、ブルーベリーの紫色の元になっている水溶性色素の総称のことで、ポリフェノールの一種のフラボノイドに属しています。

これは、抗酸化作用をもち、また『ロドプシン』の再生を助ける働きがあります。

その他にも、アントシアニンは、網膜の毛細血管の保護、角膜や水晶体のコラーゲンの安定化、血液循環の改善といった効果も期待されているところで、目にとって有効な成分ですね。

目の病気を普段から気にしながら生活されている方はどのくらいいらしゃるでしょうか?   「今のところそんなに問題ない」「ウチの家族はみんな目がいいから」   そんな風にお考えの方、実は要注意です。今現在自覚が無くても、目の病気はひっそりと進行中かもしれません。しかも目の病気は一度掛かってしまうと非常に厄介です。   後悔しないためにも、目の病気に対する予防策を考えておきましょう。ここでは恐ろしい目の病気を紹介していきます。
参考:目の病気は放っておくとマズい? | ブルーベリーサプリメントランキング

ちなみに、目が見えるということの仕組みを説明しますと、ロドプシンとは網膜に存在する感光分子の事で、ロドプシンに光が当たり、視神経に情報が伝達されることにより、脳が光として認識し目が見えるという状態となるのです。

そして、ロドプシンは光に当たるとビタミンAに分解されてしまいますが、再びロドプシンに再合成されるため、視界が保たれるのですが、視力低下や眼精疲労の症状というのは、目を長時間使うことによってロドプシンの再合成が間に合わなくなってしまう事から起こります。

そこでロドプシンの再生を助けるアントシアニンを摂取することにより、眼精疲労の予防ができるというわけなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です